書評

ふくだたみこさんの「SEOに効く! Webサイトの文章作成術」を読みました。

SEOに効く! Webサイトの文章作成術
SEOに効く! Webサイトの文章作成術

ふくだたみこさんの「SEOに効く! Webサイトの文章作成術」を読みました。

SEO手法のマニュアルではなく、「文章がSEOに効くってどういうこと?」と期待大で購入。

結果、私にはちょっと残念な内容でした。
(ふくださんスミマセン)

文章術の部分はわかりやすくまとまっています。

ただ、広告・マーケティング・WEBサイトについて、ある程度勉強した人にとっては、基本中の基本。

 

被リンクが評価されにくくなっている

WEBサイトのコンテンツが重要

ユーザーが必要としているコンテンツを作ろう

どういうコンテンツが良いか

人を引きつける文章の書き方

 

被リンクが評価されにくい=コンテンツが重要 はわかるのですが、その根拠が薄い。
また、それに続いて紹介されている文章術が、一般的に知られている内容で独自性がない。

「どんな文章がSEO的に評価されるのか」という内容が書かれているのか期待していましたが、内容は人に行動を起こさせるライティング技術のみでした。

SEO視点で書かれている点は、
「タイトルタグ・メタディスクリプション・h1タグにキーワードを入れましょう」
ぐらいかな。

タイトルの「SEOに効く!」で、裏技的SEO技術を想像しましたが、ちょっと違いました^^;

前半はWEB集客に成功している実例が、画像・URLつきで紹介されていて参考になります。

ライティングの教科書としては ★★★★★

個人的にはSEOと文章の関係性が書かれていないと感じたので、厳しめに★★☆☆☆